FC2ブログ
ノキシジル
■ガンプラレビュー

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『旧HG 1/100ガンダムダブルエックス』作ってみました。

 相変わらず体調悪くて、すぐに疲れてしまうので中々色々と停滞中なのですが、ちょっとダン戦Wの視聴ついでではありますが、『イナズマイレブンGO クロノストーン』を録画して観てみました。
 この話が完全に『イナイレ』初視聴だったのですが……『マグナムだ! ここにマグナムエースを連れてこい!』と、やきもきさせられっぱなしの展開でした。
 主人公であろう天馬くんが、どうにも押しが弱いと言いますか、踏ん張りきれない所が多々あって、それが起因してフェイくんに言葉が届ききらないという所と、度量と言いますか、包容力的な物がまだまだな所が、どうにも。
 面白くない訳ではなく、むしろ好みのテイストな話なので、逆にそういった点が気になったという感じですね。
 何だか次回、やたら偉そうな兄貴がやってきたみたいなので、とりあえず次回も見てみようかなと思います。
 なお、『マグナムエース』というのは『疾風!アイアンリーガー』という作品の主人公です。『『イナイレ』の源泉ここにあり!』という作品ですので、『イナイレ』がお好きな方は、機会がおありでしたら是非見てみて下さい。

 さて、前回から随分時間が経ってしまいましたが、とりあえず旧HG版ダブルエックス、一通り撮影が終わりました。
 後にもちょくちょく書きますが、とにかく脚部、特に股間部の保持力が弱くて泣かされましたね……しかもスタンドも使えませんから、それで支える事もできないので、本当に厳しかったです。
 もういっそという事で、今回はぷちポージング集は端折ってしまいました(苦笑)
 少ない枚数ではありますが、ご覧頂けますと幸いです。

画像

『過ちは、繰り返させない……!』

 『機動新世紀ガンダムX』の主人公『ガロード・ラン』が作品後半に搭乗する。形式番号は『GX-9901-DX』。
 AW(アフターウォー)0015年、新連邦軍諜報総括官アイムザット・カートラルが中心となって開発が進められていた、『新たなる時代の、新たなるガンダム』。
 開発初期においては『GX-9900 ガンダムX』の開発データを参考に、全てのシステムを一新して開発される計画であったが、本機においても要となる『サテライトシステム』のファーストコンタクトに必要な『フラッシュシステムを起動できるニュータイプ』を確保できなかった為、15年前に連邦軍ニュータイプ戦士ジャミル・ニートが搭乗していたガンダムXを回収し、そのフラッシュシステムを流用して製作されている。
 15年前の機体設計がベースになっているとは言え、その基本性能はAW0015における全MSの中でも最高クラスのスペックを誇り、その主力兵装である『ツインサテライトキャノン』は、機体全体を『サテライトキャノンの発射システム』と見立てる事でエネルギー効率と冷却性能を格段に上昇させる事に成功。一射ごとの威力を上昇させるだけでなく、ガンダムXでは不可能だった『サテライトキャノンの連射』を可能とした。
 本来ならば新連邦軍の主力兵装とされる予定であったが、先行試作機がゾンダーエプタ島でガロードに奪取されて以来、彼の乗機として新連邦軍と関係なく、独自に運用される事になる。


 以降は作品内の設定から離れ、キット自身のぷちレビューを書いています。
 読んで下さる方は、続きからよろしくお願いします。


続きを読む >>
スポンサーサイト

プロフィール

雅人(みやひと)

Author:雅人(みやひと)
読書と小説やSS類の執筆、ホビーキットの製作撮影と刑事ドラマの鑑賞が趣味のオッサンです。
本館『雑記処 雅庵』では、自筆の一次/二次創作小説を掲載しています。

カテゴリーツリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。