FC2ブログ
ノキシジル
■LBXキットレビュー

■『ハイパーファンクション アキレス』作ってみました。(素組み+墨入れ+部分塗装仕上げ)

 さて、AX-00のプチレビューを上げた勢いで一気に行きます。
 次は『ハイパーファンクション』版・アキレスのプチレビューです。

画像

 主人公・山野バンの最初の愛機、アキレス。
 様々な人物の思惑が交差した結果、所在が転々としてバンの手元に渡るのが遅くなってしまったアーマーフレームですが、元々はAX-00に仕込まれた『プラチナカプセル』を護る為、山野博士が設計した物です。
 最新の照準回路や加熱に配慮したチップ構成など、巧妙かつ緻密に設計されたこのアーマーフレームは、タイニーオービット社長・宇崎悠介に『テクノロジーを超えた、一種のアート』と賞賛されました。
 基本装備がランスと楯という事で近接戦用のLBXと思われがちですが、センサーや照準回路も優秀な為、射撃も意外と得意で、劇中でもアサルトライフルやハンドガンを自在に操っています。

 キット的には、『コアスケルトンにアーマーフレームを取り付ける』という工程の都合もあると思いますが、旧キットと比べてマッシブなフォルムになり、アキレスランスも長大になって穂先も大型化して、メリハリの利いたデザインに。
 雑誌で見た時は『マッシブ過ぎないか?』と思っていたのですが、実際に組んでみるとそんな事はなく、本当に丁度いい具合のプロポーションでした。かなり格好良いですよ。
 ただ欲を言えば、武装がランスとシールドだけというのが物足りないかな、と思いました。既にカスタムウェポンとして発売されている『アサルトAR3』はまだしも、『オートマチックガン』が付いていたら、ポージング等のバリエーションが広がったのですが……
 いずれで良いので、オートマチックガンは何かしらの機会にカスタムウェポンにでもなって欲しいですね。折角素晴らしい完成度のアキレスが誕生したのですから。

 さて、簡単なレビューやポージングの写真も撮ってみました。
 ご覧になって頂ける方は、いつも通り続きからよろしくお願いします。


続きを読む >>
スポンサーサイト



■『ハイパーファンクション AX-00』作ってみました。(素組み+墨入れ+部分塗装仕上げ)

 発売から一週間と少し、既に組み上げてレビューを上げていらっしゃる方も多い『ハイパーファンクション』ブランドの第一弾、正確にはプレゼン的キットである『アキレス&AX-00』ですが、私も昨日組み上げる事ができました。
 今更とも言われそうですが、一応ながら部分塗装を施していたので、その分時間がかかったという事でお許し頂けますと幸いです(笑)
 何処を塗装したのかと疑われそうな感もありますが、主に目や武装に注目して頂けたら、キットの素組みと異なる部分を発見して頂けると思います。意外と塗っていない様で塗っているんですよ(笑)
 それでは、まずはボーナスキットである『AX-00カバーパット』の方からご覧下さい。

画像

 この姿は一般的に『AX-00』と称される事が多いのですが、劇中の設定的には、正確に言うと『AX-00カバーパット』と称するのが正解です。『AX-00』というのはコアスケルトンの名称で、ブルーの装甲はそれを覆うカバーパット、という事ですね。
 ちなみに『ハイパーファンクション アキレス&AX-00 コアスケルトン』の記事でも書きましたが、カバーパットとはコアスケルトンを保護する為の仮装甲で、アーマーフレームと違って戦闘力は皆無に近く、耐久性も貧弱です。
 本来なら、AX-00にはちゃんとアーマーフレーム・アキレスが用意されていたのですが、幾つかの手違いが連鎖してしまい、主人公・山野バンは暫くの間カバーパットのままのAX-00で戦う事になってしまいました。
 限定キットとは言えカバーパット姿のLBXが立体化されたのは、原作のそういう事情が背景に存在したからです。
 尤も、レアリティがその価値を高めたという一面は否定できないものの、実は結構人気あるんですよね、AX-00。
 正式なLBXとは異なる独特のフォルムが人気の秘訣、といった所でしょうか。

 それでは、続きではもう少しばかり、キットのフォルムをご覧頂こうかと思います。
 読んでやろうという方はどうぞ、続きをクリックしてご覧下さい。



続きを読む >>

■『ハイパーファンクション アキレス&AX-00 コアスケルトン』作ってみました。(ほぼ素組み仕上げ)

 遂に手に入れました。LBXプラモデルの新ブランド、『ハイパーファンクション』の『アキレス&AX-00』!
 いやー、まだコアスケルトンしか組んでいないのですが、素晴らしい出来ですね!
 既に色んな方々がアーマーフレームまで組んでレビューなさっていますが、その完成度に度肝を抜かれています。私もそんな方々に追いつけるよう、頑張って組んでいこうと思います。
 とりあえず、コアスケルトンとAX-00カバーパット、アキレスの三形態を全てレビューするには記事が長々となりそうなので、三つに分けようかと思います。
 その分時間がかかりそうですが、お付き合い頂けますと幸いです。

 それでは、まずは『コアスケルトン』のプチレビューから始めさせて頂きます。

画像

 ちなみに、このポージングの意味は全くありません(笑)とりあえずグリグリ動きます、ポージングもできます、というアピール……という事にしておいて下さい。なんでこんなポージングを撮影したのか、自分でも分からないので(笑)

 『ダンボール戦機』シリーズの設定的には、LBXはこの『コアスケルトン』に、外装である『アーマーフレーム』を装着して完成します。
 コアスケルトンは文字通りの『フレーム』であると同時に、LBXの基本性能を決める『コアパーツ』を収納する部位である『コアボックス』が存在する『中枢部』でもあります。
 ただしLBXは小型ロボットであり、コアスケルトンは精密機械でもあります。互いに戦わせる為のホビー用ロボットとしては問題有りですが、衝撃には強くありません。
 その為に、アーマーフレームを装着される前のコアスケルトンは厳重に梱包されるか、『カバーパット』と呼ばれる仮装甲で保護されています。そのカバーパットこそ、この初回生産限定版に同梱されている『AX-00カバーパット』なのですが、その話は『AX-00カバーパット』のレビューの時にという事で。

 キット的には、ガンプラのMGのフレームに相当する『コアスケルトン』に、外装である『アーマーフレーム』を装着していくのですが……実はこの作業、劇中のLBXと同じ構成、同じ組み上げシステムだったりします。正にLBXを組み上げていく工程を味わえる訳ですね。
 勿論、キットのコアスケルトンはABS樹脂とポリパーツという構成で組み上げられる物で、金属部品は一切使われていませんが、それでもこのコアスケルトンは充分に良く出来ています。
 基本がABSという事で、塗装するには難がありますが、ディティールも可動域も素晴らしい物になっていますよ。

 もう少しばかり細かいレビューは、続きに書いています。
 ご覧になって頂ける方は、続きからよろしくお願いします。


続きを読む >>

■『LBX オーディーンMk-2』作ってみました。(素組み+墨入れ+部分塗装仕上げ)

 誰も待ってはいないでしょうが(笑)、オーディーンMk-2、完成しました。

 完成自体は既にしていたのですが、どうもネオビームガーダーを保持する左肩の保持力が足りなかったので、肩のボールを瞬間接着剤で太らせる加工を追加で施しました。
 ま、加工と言ってもボールに瞬着を軽く塗り付けただけなのですが(笑)
 ただ、乾燥に時間がかかったので、お披露目が今日に延び延びになってしまいました。その分地味な部分ながら、クオリティは上がってくれたかな、と思います。

画像

 設定的には、ミゼルに奪われたオーレギオンに対抗する為、アキレスD9を制作する際のノウハウを活かしてオーディーンを再設計して誕生した機体なのだそうです。
 無限稼働機関『エターナルサイクラー』のシステムを流用しているため高い出力を誇っており、通常形態での飛行能力を獲得した他、飛行形態では超音速飛行が可能。超高速戦闘も可能な機体へと進化しています。
 まあ現時点(1/16)ではTV版未登場なので、実際の活躍はまだ見られていないのですが、イカロスシリーズでも相当に強力なLBXだったのに、それを更に上回る力を持ったLBXとは一体どんな物なのか、興味深い所です。

 さて、キット的なバランスやギミックなどは、続きにちょろっと纏めています。
 ご覧になって下さる方は、続きからお願いします。


続きを読む >>

■『LBX アキレスD9』作ってみました。(素組み+墨入れ+部分塗装仕上げ)

 あ、危なかった……(汗)
 地味に忙しかったとは言え、もう少しでオーレギオンの発売日にカチ込む所でした。
 武装の塗装も含めて何とか間に合い、オーレギオンに全力を投じられるようで良かったです。
 今回は忙しかった他、塗料や溶剤などを注文していた『Joshin Web』で発送事故が起こったりして、色々足を引っ張られました。これまで特にそういうトラブルは経験していなかったので、若干びっくりでした。
 ま、終わりよければ全てよし、という事で。
 尤も、レビューはオーレギオンの発売日に間に合いませんでしたが、作る方は間に合ったという事でお許しを(笑)

画像
 現状(12/14)では劇場版のみの登場で、TV放映では登場するか分かりません(劇場版限定の機体という噂も)が、ヒロの新しいLBXにして『最強のLBX』の一翼を担う機体。それがこの『アキレスD9』です。
 対ミゼル用決戦LBXという事で、世界中のLBXメーカーや所属プレイヤーが保有する稼働データや設計データなどを集結して作り上げられた、人智の結晶と言っても過言ではない機体です。
 更に動力源には、あの『エターナルサイクラー』を搭載しているそうです(ホビージャパン13年1月号より)。
 破格という言葉も生温い、とんでもないオーバースペックですね(笑)
 私はまだ劇場版を見ていないので、その活躍は見ていないのですが、そのオーバースペックがどう発揮されているのか、非常に興味があります。地元の映画館でやってたらいいんですが……

 まあそれはさて置き、いつも通りキットとしてのデザインをご覧頂けるよう、簡単に写真を撮ってみました。
 ご覧になって頂ける方は、続きからお願いします。



続きを読む >>

プロフィール

雅人(みやひと)

Author:雅人(みやひと)
読書と小説やSS類の執筆、ホビーキットの製作撮影と刑事ドラマの鑑賞が趣味のオッサンです。
本館『雑記処 雅庵』では、自筆の一次/二次創作小説を掲載しています。

カテゴリーツリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

最新トラックバック