FC2ブログ
ノキシジル

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『冗談』は免罪符ではなく、相手に追い打ちする言葉の刃。

 フム…分かってはいた事ですが、やはり私は冗談口のセンスは無い様ですね。
 またしても冗談のつもりで口にした言葉で、とある方を怒らせてしまったようです。
 尤も、怒らせた事は謝ったつもりですが…冗談を冗談だったとは言えない私。
 より正確には『あれは冗談だったので許して下さい』とか『あんな冗談、気にしないで下さいね?』という類の言い逃れが出来ない、といった所でしょうか。

冗談は、その人の本音を映す鏡である。
本当に心にも思わない事ならば、そもそも冗談として思い付く筈がないからだ。
むしろ『冗談だから本気ではない』のではない。
『冗談という事にして誤魔化したい事』こそ、その人の本音なのだ。

 一言一句この通りという訳ではありませんが、こういう警句がありまして。
 私はほぼ全面的に、この言を拝しています。
 勿論、この警句自体に得心する想いが強いという事もありますが…
 それ以外に『冗談とか口が滑ったとかいう後付けの理由で、他人を傷つけた言葉を無かった事に出来る訳がないし、無かった事にしようとするなど許されない』という想いもあるからです。
 自分が口にした言葉に対して責任を取らないだけでも罪深いのに、冗談という事にして言い逃れようとして、更に相手を傷つける。そして自分自身はそれを理解せず、罪を逃れたつもりになっている。
 冗談という言葉は、使いようによってはそれだけでも充分、他人を傷つける刃になるという事を、私の様に友達が少ない方だけでなく、むしろ友達が一杯で常に多くの方に囲まれている方にこそ、気をつけて頂きたいと思います。

 貴方にとっては『単なる友達の一人』なのでしょうが、相手にとっては貴方は『大事な友達』なのかも知れません。そして貴方が放った『冗談』が、その人にとっては致命的な一撃であるかも知れない。
 その時『冗談』という言葉が、どれ程の免罪符になるというのでしょう。
 むしろ傷つけられた方は『信頼していた相手から傷つけられた』事に併せ、更に『自分を傷つけた刃は冗談で振るわれたのか』と、更に傷つく事の方が多例に及ぶ。
 それでも冗談という言葉は、免罪符になるのでしょうか?
 とりあえず私は、冗談だろうが何だろうが、相手を傷つけたという時点で罪であるのだから、唯一の免罪符は『罪を認めて謝罪する事しか有り得ない』と思っています。
 …念の為に言っておきますが、私は『冗談を言うな』と言っているのではありません。
 ただ『冗談だろうが何だろうが、人を傷つけた言葉に違いない。もし誰かを傷つけたなら、それを真摯に認めるべき』と主張しているのです。

 まあ『自分が気に入らない人間を傷つけるのが趣味』で、恣意的に言葉の刃を振りかざす人も居るのが現状ではありますが…

スポンサーサイト

■コメント

■Re:『冗談』は免罪符ではなく、相手に追い打ちする言葉の刃。 []

自分が気に入らない人間を傷つけるのが趣味』で、恣意的に言葉の刃を振りかざす人も居るのが現状ではありますが…

この日記の存在がまさにそうですね。
きっと真摯に認めないだろうけど。


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

雅人(みやひと)

Author:雅人(みやひと)
読書と小説やSS類の執筆、ホビーキットの製作撮影と刑事ドラマの鑑賞が趣味のオッサンです。
本館『雑記処 雅庵』では、自筆の一次/二次創作小説を掲載しています。

カテゴリーツリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。