FC2ブログ
ノキシジル

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『HGAGE ガンダムAGE-1レイザー』作っています。-05

 何だか、昨日もまたゆっくり寝てしまいました。
 最近2~3時間睡眠だったから、地味に疲れてたんでしょうか? これ位の睡眠で身体が保つなら大歓迎、と思っていたのですが、甘かったかな……

 とりあえず、レイザーウェアで色の足りない部分への塗装は終わりました。
 後は、これらを組み上げれば完成……の筈(笑)

画像

 元はこんな風に真っ白だった訳ですが、設定では最低でもスカート部の青が、レイザーブレイドに至っては青と基部にあるグレー・刃部分のグリーンorシルバーの三色が乗っています。
 真っ白だと余りに見栄えが悪かったので、今回は頑張って部分塗装を施してみました。
 尤も、塗った面積は結構多かったので、作業している身としては『部分』という感じではありませんでしたが(笑)

 どういう感じになったかは、続きをご覧下さい。



画像
 まず、青の部分をガンダムマーカーの『AGEセット』にある『AGEブルー』の塗料を出して、筆で塗装しました。
 今回は『初めての筆塗装』という事もあり、塗料は瓶入りの塗料ではなく、あえてガンダムマーカーの塗料を塗料皿に出して筆で塗る、という作業をしています。
 調色の手間を省くという理由もありますし、ホビージャパンのレシピが筆塗り向けでなかったという事情もあります。しかし一番の理由は『一度そういう塗装をやってみたかった』というものです。こういう変化球が大好きなもので(笑)
 まあそれはさて置き。リアアーマーの塗装面が今イチですね。わりと綺麗に整えたつもりだったのですが、意外と盛りと均しが上手くいってない部分があったようで。
 うーん、まだまだですね……他のパーツの塗装はまあまあ上手くいっていたのが救いでしょうか。

画像
 次に、パテ盛りした部分の白を入れました。
 塗料は先と同じく『AGEセット』の『AGEホワイト』を使用しています。
 こっちはわりと綺麗な感じですね。若干塗料の隠蔽力が低いのか、アップにするとパテの色が透けてますが……
 しかし今考えると、リアアーマーのホワイト部分は肉抜き埋めしなくても良かったかな、という気もします(苦笑)
 青部分は埋めて良かったと思いますが、白い部分はそのままでも、ディティールとして使えた気がしますので。
 そうしたら青部分も塗りやすかったですし、白部分は両面、ケガキで何とかできたのになという気が……

画像
 ホワイトが乾いたところで、はみ出した(はみ出させた)青をモデラーズナイフでケガキ処理して、削り落としました。
 何気にこの処理は得意……なつもりです(笑)刃の平坦な部分を使えるなら、結構色んな部位でやってみた作業なので。
 ちなみに、レイザーブレイドに青がはみ出た部分が残っていますが、そこには隠蔽力の高い『AGEグレー』が上から乗るので、あえて処理していません。

画像
 そして今回のメインイベント。レイザーブレイドの刃部分への塗装です。
 シルバーと悩みましたが、結局ちょっと派手目になるように、ガンダムマーカーの『メタグリーン』を使用しました。
 しかし……広い面にムラなく塗るというのは難しい物ですね。これでも乾燥させてから二度塗りしたのですが、それでも結構ムラが残ってしまいました。
 ラッカー塗料でリターダーを使えば、もう少しムラを押さえられたでしょうか? 今度またこういう塗装の機会があったならば、是非ラッカー+リターダーでリベンジしてみたいと思います。

画像
 最後に、グレー部分を『AGEグレー』で塗装しました。
 今回塗装した部位は多分、画像にあるパーツが全部です。
 ちゃんと確認したつもりだったのですが、実は足部分にもグレーで塗装する部分がありました(苦笑)
 まあ、気付かないまま作業を終えてしまうよりは良かったのですが……
 『AGEグレー』は、黒に近い『グレーが焼けて変色した色』という感じの発色をします。隠蔽力も高く、青の成形色の上に直接塗っても、そうそう下地の色が見えたりしません。最後に塗るには便利な色ですね。
 尤も、もっと塗膜が強くてマスキングテープを使えるならば、そちらの方が良かったに決まっていますが……


画像
 番外編。
 今回、塗装に使った筆です。うっかり蛍光灯とスタンドライトを両方使ってしまったのか、画像では明るすぎて、色が飛んでいますが……
 この筆はハセガワから発売されている『模型用熊野筆』の『平筆・短』です。
 公式サイトには『熊野筆の開発コンセプトは、うまく塗れる筆…ではないんです。』という謳い文句があるのですが、嘘です!(笑)
 確かに塗料の含み方は独特で、ちょっと塗料を含ませて塗るという塗り方をすると、十中八九、上手くいきません。すぐに擦れてしまいます。ですが、ある程度塗料を含ませてから『ちょっと塗る』と、かなり綺麗に塗れます。
 『初めて使った時から上手く綺麗に塗れる筆』でないのは確かですが、決して『上手く塗れる筆ではない』訳では無いと思います。
 店頭で見た時は筆先が揃っていない感があり、これの何処が高品質なのかと訝しげていましたが、塗料を含むとビシッと揃い、推奨はしませんが『平筆で点付けする』という荒技も可能です。
 実際、今回の塗装は『平筆・短』一本で全て仕上げています。
 玄人の方にはどう写るか分かりませんが、個人的には良い買い物でした。


 総感ですが……筆塗り、楽しい!!(笑)
 これが『作業』になる程のパーツ数を塗り分けていたら、こんな呑気な感慨は生まれなかったでしょうが、最初時の上手く筆を使えず、擦れまくりの塗膜に首を傾げ『何でこんな事に?』と思いながら色々試行錯誤していた時も含め、やってて面白かったです。
 まあ、でっかい失敗こそ犯さずに済みましたが、細かいミスは結構頻繁にやらかしてしまいましたけどね。
 でも正直な所、これくらいの面積なら筆塗りの方が面白いんじゃなかろうか、という気もしましたね。無論『エアブラシ羨ましい!』という思いは消えませんが(笑)
 ただできれば、筆塗りが楽しいと思える間に、色々な筆塗りの技能を身につけたいと思います。エアブラシとはまた違った面白さがあると思いますので。

 次は脚部の組み立てですので、多分これで完成……の筈。
 腰の基部は完成しているので、後はスカートを装備させるだけですし。
 まあ完成時の写真は別に撮りますが、これで完成! と出来るよう、もう一度気合いを入れて組みたいと思います。
 終わるのか? むしろ終わらせられるのか? 何かやらかしてないといいんですが……(苦笑)
スポンサーサイト

■コメント

■筆塗り!! [michi]

雅人様

こんばんは〜
作成順調ですね〜!
いや〜ここまで筆塗りで行けるのですね。びっくりしました。
トップコートでクリアーのスプレーすればムラはおさえられるのでは?
しかし「弘法筆を選ばず!」といいますが道具はやはり良い物、
自分にあったものを選ぶのがいいですね。
ど〜も100均にあるものは100均ですまそうとしてしまう今日このごろです・・・

雅人さん!ここまで筆塗りにこだわっておられるのでちょっと酷なお話かもしれませんが
エアーブラシ羨ましい!ということなので、少し私の経験を聞いてくださいm(__)m
もともと私も筆塗りでエアーブラシまではとお思っておりましたが
やはり大人になっていろいろ目も超えてくるとも〜少しなんとかしたいと欲が出てきました。
まずはスプレーの塗装を始めました。塗装はすべてベランダか外でやっておりました。
けどやはりスプレーだと塗装が厚い・・・やはりエアーブラシか・・・
と思い15年ほど前にコンプレッサーとエアーブラシを15000円ほどで購入し
これもベランダか外で使用し始めました。意外とブースなしでも外でやればなんとかなるものでした。
さすがに外でやると近所の人が「なにしてるん?」ってよってきますけどね〜。
と、今は部屋の片隅の無理くりブースおいて室内でやっております。
つまらないことを長々と申し訳ありませんm(__)m

秋は夜長!ですが、睡眠不足は体に毒ですよ〜。
お体を大切に作業頑張ってください。
次回の更新楽しみにしております!

■雅人様へ [kou]

 塗装、お疲れ様です。
 筆塗りは塗装の基本ですが、極めるのが最も難しい技術です。白は本当に透けやすい色なので、本来はサーフェイサーという下地剤を吹いておくのが良いのですが、筆塗りですと下地を溶かしてしまうので難しいですね。
 私の筆塗りでの経験を口にさせて頂くと、押さえつけると刷毛目が出るので、塗料を含ませた筆先だけで撫でるように塗るでした。塗料もそのままでは濃いので、やはりリターダーを使われると筆ムラを抑えることができますので、購入をお勧めしますよ。
 メタリック系の塗料は粒子があるので、どうしても筆塗りに向かかない塗料かも知れませんが、それでもかなり綺麗に塗れていると思いますよ。
 筆塗りをされて楽しいと思われて良かったですね。模型は趣味なのですから、楽しくないといけませんね。

 あとブレードはグリーンにされたのですね。シルバーの作例もあり、どちらが正しいのか私も分かりません。
 なので、両形態を再現するためにニ個買いしてしまいました。作るのは……、まあいずれ。ということですが。
 塗装が終了したら、次はスミ入れですね。この作業は、結構たのしいものがあります。
 次回も楽しみにしていますね。

■michiさんへ [雅人]

 私は仕事明けですが、おはようございます(笑)
 そうですね~。とりあえずこの『塗装』が私的には今回の山場だったので、手酷い失敗やミスは無く仕上げられたのは自分でも嬉しいです。

 筆塗りと言いますか、平筆一本でこれくらいの事が出来るというのは、私も驚きでした。
 『ノモ研』の記事を読んで「無理無理!少なくとも私には無理!」と思っていたのですが、調子に乗ってやってみると、意外と出来る物でしたね。うっかり額の『A』マークも塗れてしまうんじゃないかと錯覚しそうになったくらいで(笑)
 この辺まで塗れたなら、シールの事など気にせずにラッカー用のトップコートを吹けたのですが…
 シールの事を気にすると、ラッカー系のトップコートは吹けず、ガンダムマーカーの塗膜を気にすると、水性トップコートを吹けないというジレンマがあるんですよね…
 中々上手くはいかない物です。

 きっとエアブラシやコンプレッサーもそうだと思いますが、ちゃんと使う気があるなら相応の物を使うのが良いと思います。
 やはり良い物は、自分のやりたい事に追随してくれる能力が高いですから。
 あと、個人的には『初心者だから安物で構わない』という一般的観念は誤りだという感慨もあります。むしろ初心者だからこそ、ある程度良い物を使わないとクオリティを維持できないと思いますし、それらの作業の魅力も感じられないと思っています。
 安物で良いというのはむしろ、一定以上の玄人でないと相応しくない概念だと私は考えています。

 エアブラシ、羨ましいですね。
 特にあの均一な塗装面。あれはエアブラシの真骨頂だと思っています。
 ただ今回の塗装経験を経て、私は『筆塗装はエアブラシ塗装までの繋ぎ』とは考えなくなりました。
 記事内にも書きましたが、筆塗装は筆塗装で凄く面白いんですよ。
 擦れてしまって中々上手く塗れずにいた時も含め、こう塗ったらこうなるのか、と試行錯誤したり一喜一憂したりと。
 こんな面白い工程、繋ぎとして考えるのは勿体ないです。
 エアブラシはエアブラシで『面白い』があると思いますから、一概に『どっちの方が面白い』と断言は出来ませんが、『筆塗装はエアブラシ塗装の下位工程ではない』というのも、今の私の感慨であります。
 もうこの辺は、握り拳を作って力説したい件です(笑)
 ただできれば、双方の『面白い』を体感してみたいですね。
 どちらかだけを体験しただけで、どちらかの方が上などと考えるのは、複数の意味で愚かしい事ですから。
 昔あったエアブラシの体験会とかがあったなら、是非参加してみたいものです(笑)

 睡眠不足と言いますか、最近それくらい寝たら目が覚めていたので、ならこれくらい寝たら身体が保つのかな、と思っていました。
 どうやら、必ずしもそうではなかったみたいですが…
 とりあえず、死なない程度に頑張ります!(笑)

■kouさんへ [雅人]

 仕事明けなので寝ていないのですが、おはようございます。
 いつもコメント、ありがとうございます。

 サーフェイサーは細かい段差も消してくれるらしいので、使うと便利かな、と思ったのですが、筆塗りで使えるのか自信がなかったので購入しませんでした。
 でも、それで正解だったみたいですね。サフが溶け出してホワイトと混合したら、と考えると冷汗が出ました(苦笑)

 確かに、筆はあまり強く押しつけると良くないですね。
 特にこの熊野筆を使ってそれをやると、ブチュッ!と塗料が出てくるので、結構悲惨な事になりました。
 その辺の事も含めて、この筆を使ったのは正解だったかな、と思います。色々学習させてくれました。

 メタグリーンは特にムラが目立つ感じがしましたね。ブルーやグレーに比すると更に。
 シルバーの方が目立たなかったかな、とも思ったのですが、メタリック共通の特徴だったんですね。
 ブレイドは、今回はゲームに準拠してグリーンにしてみました。
 ただ私も地味に二個買いしているので、次を作る機会があったらシルバーで行ってみようかと思います。
 腕と脚を総取っ替えする必要があるので、アデル・レイザーを作るかどうか迷っていますが…

 次の工程で墨入れしましたが、ガンダムマーカーの塗膜の上からでも、コピック・マルチライナーのインクはしっかり乗ってくれました。はみ出た部分は普通に拭えるので、自画自賛ですが、汎用的に使える良い道具ですね(笑)

 次でようやく、完成に漕ぎ着けられました。
 よろしければ次もまた、見てやって頂けると光栄です。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

雅人(みやひと)

Author:雅人(みやひと)
読書と小説やSS類の執筆、ホビーキットの製作撮影と刑事ドラマの鑑賞が趣味のオッサンです。
本館『雑記処 雅庵』では、自筆の一次/二次創作小説を掲載しています。

カテゴリーツリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。