FC2ブログ
ノキシジル

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『LBX ミネルバ改』改造・改修しています-09

画像
 改造・改修版ミネルバ改、塗装及び組み立て終了しました。
 筆塗りの部分塗装でしたが、思ったよりかかりましたね……しかも相当大変でした(苦笑)
 隠蔽力の高いクールホワイトやウィノーブラックで塗装した部分はまだしも、キャラクターイエローで塗装した部分はガッツリ下地が透けて見えたので、何度も重ね塗りする事に。
 まあそのお陰で、何とか良い感じの発色にする事ができました。尤も、場所的に塗装しにくい箇所に使われている色だったので、かなりの手間になりましたが。
 後で思いついたのですが、クールホワイトを下地に塗っておけば良かったかもしれませんね……
 また、肝心な所のマスキングも失敗していて、そこはかなり醜い事になってしまいました(苦笑)
 一方、スカート部の白いラインや左足の『改』の字は、かなり上手くいったのではないかと思います。
 総感としては、そう悪くないクオリティを出せたかな、という所でしょうか。

 差し当たり、各部位の組み立て後の写真や塗装箇所といった細かい所の話は、続きからお願い致します。



画像
 まずは頭部。
 目とバーニア部はシールを使用しましたが、側頭部のダクトにある白いラインやバーニア基部の白、ダクト内の黒と後頭部のネジ(?)には塗装を施しました。
 まあバーニアの白い部分は、うっかり塗りすぎて今イチな仕上がりになってしまいましたが……
 ちなみに、鋭角化や整形などといったパーツ自体のディティールアップは行っていません。キットのプロポーションのままです。

画像
 続いて胴部。
 正面にあるクリアパーツの下には、付属のシールではなくラピーテープを貼っています。付属のシールだと、裏面の白い部分が表に来るので、何の意味もないんですよね……
 背面の方には、背中にある二つの丸いディティールをキャラクターイエローで、多分Σオービスの楯になった時の握りになるのであろうバー部分は、ウィノーブラックで塗装しました。
 本当はグレーなのですが、グレーはここにしかない上に重ね塗りが難しい部分だったので、今回は黒を入れました。

画像
 両腕です。
 ミネルバストライクの黄色部分、今回の塗装で一番難しかった箇所でした。
 やらかしていないと良いなと思いつつ、戦々恐々で作業していたのですが……やっぱりやらかしてました(苦笑)
 やっぱり難しいんですね、マスキングって。隙間が細くてテープが貼り難かったとは言え、色が隙間にバッチリ入り込んでいて全力で凹みましたよ……
 まあ、塗装自体は悪くない感じに仕上がったので、最低限の慰めにはなりましたが。
 ちなみにこの黄色部分、下地を塗らずにキャラクターイエローを重ね塗りして成形色を隠しています。
 リターダーを混ぜて筆ムラ対策をしつつ、塗料を溶剤で若干緩めに溶いて、計五回塗り重ねました。その甲斐あってムラも殆ど出ず、発色も悪くない感じに仕上げられたと思います。
 後、ミネルバストライクの砲口部分とバーニア部は、キット付属のシールを貼っています。

画像
 腰部です。
 白いラインはクールホワイトで、ネジ部分はキャラクターイエローで、フロントスカートにあるオレンジ色のオブジェクト周囲にある黒はウィノーブラックで塗装しています。
 ちなみにフロントスカートのオレンジ色をしたオブジェクトは、塗装ではなくシールをそのまま貼っています。
 ここの白いラインを塗装する際には、ペイントリムーバーが大活躍してくれました。
 ペイントリムーバーは、基本的な使い方は『ガンダムマーカー消しペン』と似ています。塗料の剥離の仕方も、それとよく似ていました。ペン先から液剤が出てくるか、綿棒などに吸い取って使うかの違いといった感じですね。
 勿論、液剤的にはリムーバーの方が圧倒的に強力かつ汎用的なのですが。
 凹モールドの中にだけ塗料を載せる自信がなかったので、思い切ってはみ出させる感じで塗装していたので、はみ出し部分をキッチリ落としてくれて非常に有り難かったです。

画像
 両脚です。
 ダクトなどの黒い部分はウィノーブラックで、白いラインと『改』の字はクールホワイトで塗装しています。
 ミネルバストライクとは逆に、『改』の字の塗装は今回一番上手くいった箇所だと思います。
 そしてここでも、ペイントリムーバーは大活躍でした。
 特に『改』の字を塗る時。ここはクルーホワイトにリターダーを足して緩めに溶いて、三回重ね塗りして塗膜を厚くした後、おもむろにリムーバーを染み込ませたメイク用綿棒で、余計な部分の塗料を落として仕上げました。
 面相筆でちょっとだけリタッチした部分もありましたが、それも目立たない感じに処理できたので、ご覧のような感じに仕上げる事ができました。
 流石です、模型用熊野筆。

画像
 完成した各部を並べた所です。
 縦に並べていないのは、単にノートパソコンが邪魔で縦にできなかっただけで、他意はありません(笑)
 そして……

画像
 各部位を組み上げて、遂に完成しました。改修版ミネルバ改!
 うーん、改造を加えて改修した腰部と股関節以外、ちょいちょい塗装した他は何処も変わっていない筈なのですが、何故か異様に格好良く見えます。何という親馬鹿(笑)
 まあ親の贔屓目はさて置き、とりあえず今回の改修目的である『脚部のすっぽ抜け改善』は上手くいきました。
 HIPS関節がちょっと固いので微妙な調整は難しいのですが、それを除けば可動も優秀です。改修の設計上、太腿がロールする様になっているので、可動も安定性も増しているように思います。
 我ながら、良い仕事ができたなあ……塗装が想定通りに行っていれば完璧だったんですけどね。
 その辺は、次回以降への教訓としたいと思います。

 一体いつから改造・改修作業を行っていたのやら、我が事ながら判然としないくらいの長期に渡り、延々と作業していましたが、ようやく完成させる事ができました。
 実は地味にモチベーションが下がったと言いますか、それこそ食事や睡眠も含めた全ての活動や行動に陰鬱としていた時期もあったりしたのですが、無事に完成させてあげられて良かったです。本当に。
 そして、多くの時間と手間をかけて改修していたからでしょう、AGE-1レイザーと同様、とても思い入れのある一体に仕上がりました。
 また、キットのパッケージされているパーツ構成から離れ、市販のパーツなどを使って間接部を改修するという改造作業は初めてだったので、そういう意味でも思い入れのあるキットになりました。
 ホビージャパンの作例という手本があったものの、工作も上手く行った方だと思いますし、様々なツールや素材類、塗料や塗装具を使う機会に恵まれました。おかげで良い経験ができたと思います。
 当面、こういった改造や改修を施したいキットは無いのですが、この次はもう少し手際よく、そしてより完成度の高い工作ができたらいいな、と夢想している次第であります(笑)

 とりあえず後一回、お披露目という事で、改修版ミネルバ改で記事を書かせて貰おうと思っています。
 よろしければ後少しだけ、お付き合い頂けましたら幸いです。
スポンサーサイト

■コメント

■経験値! [michi]

雅人様

こんにちは~!
ミネルバ改、完成おめでとうございます。
PCの故障などいろいろ大変だったと思います。

やはり改造するということは、普通に組むより愛着と言うか説明書に乗っていない背景ができますね。
その分が思い入れになるのかな~と思います。
いい経験値がつめたのではないでしょうか?

もうすぐ師走という季節がらもあるのか、私もいろいろ忙しく、ちょっとモチベーションダウン中です・・・
けど、プラモは楽しく行きたいですよね~!無理せずに時間あるときにじっくりとがいいと自分に言い聞かせている毎日です。
ただ禁断症状でますね・・・あ~少し作業しよっか・・・けども~寝ないと明日に・・・と言った感じの夜が多いです。

次のアクションカット楽しみにしておりますm(__)m

■michiさんへ [雅人]

 michiさん、コメントありがとうございます。
 そしてお祝いのお言葉、ありがとうございました。

 そうですね、改造を施すというのは、ただ組むより手がかかる分、愛着もひとしおという感じがします。
 失敗しても何の保証もない分、上手く完成させられた時の感動も格別ですね。
 成功も失敗も併せて、良い経験ができました。
 現状では予定はありませんが、次の改造・改修作業に活かしたいと思います。

 私の場合、キット制作におけるモチベーションというか、生きる事そのものについての意欲を喪失しかけていた時期がありまして(苦笑)何とか意識を賦活させて持ち直しましたが…
 キット制作のペースや制作時間は人それぞれですが、例え明日に響いても(笑)やりたい時にやっつけてしまうのもアリですよ~。身体的には厳しいですが(笑)
 ストレス溜めるのと、精神的にスッキリさせて明日に挑むのと、適度に織り交ぜながら生活するのが一番良いかな、と思います。フラストレーション溜めたまま休んでも、効果的に休息する事は難しいですし、最悪眠れなくなったりしますからね。

 お披露目を楽しみにして頂いて、恐縮です。
 ご期待に添える写真を撮れるよう、頑張りたいと思います。

■雅人様へ [kou]

 ミネルバ改の改造おめでとうございます。
 凄くきれいに仕上がっていますね。改造箇所もバランスがよく決まっていて、違和感なく仕上がっていますね。改造という自分自身で創意工夫をするのは大変な作業ですが、それを達成した時はこの上なく嬉しいものです。
 この世でたった一つだけの作品を仕上げられた気持ちは、何者にも代え難い大切な作品です。
 諦めることなく完成できたのは、雅人さんの作りたいという気持ちの結晶ですよ。本当に、おめでとうございます。
 次回はお披露目ですね。関節を差し替えることなく様々なアクションを行う、ミネルバ改の活躍を期待していますね。
 何はともあれ、お疲れ様でした。

■kouさんへ [雅人]

 kouさん、コメントありがとうございます。
 お祝いのお言葉も、重ねてありがとうございます。

 綺麗に仕上がっていると言って頂き恐縮です。筆や塗料、リムーバーなどが思ったように作用してくれたので、総じて良い仕上がりになってくれました。
 それと改造箇所とキットのバランスは、思ったより上手く取れていて幸いでした。一応気にはしていたのですが、確証はなかったので。

 改造や改修作業は今回が初めてでしたが、大変な作業である事もあると同時に、結構孤独な作業なんですね。こうしてブログに掲載して皆さんに見て貰えるようにしていたので完成させる事ができましたが、そうしていなければ途中で挫折していたかも知れません。
 kouさんを初め、様々な方に制作日記を見て頂けて、こんな風にコメントもして頂き、本当に良かったです。

 次はお披露目という事で、パチッと良い写真を撮れるように頑張りますね。
 できれば、差し替え型の間接では出来ないポージングも決められたらいいなと思っています。
 よろしければまた、見てやって頂けると幸いです。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

雅人(みやひと)

Author:雅人(みやひと)
読書と小説やSS類の執筆、ホビーキットの製作撮影と刑事ドラマの鑑賞が趣味のオッサンです。
本館『雑記処 雅庵』では、自筆の一次/二次創作小説を掲載しています。

カテゴリーツリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。