FC2ブログ
ノキシジル

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『LBX ミネルバ改・改修版』完成しました。

 結構な時間がかかりましたが、ようやくミネルバ改の股関節部改造・改修と部分塗装が終わり、お披露目する事ができるようになりました。
 改造箇所が一見して目立たない場所なので分かり辛いですが(笑)

画像

 まず、股関節のパーツを差し替えずにアクションできるようになったので、キットとしてのプレイバリューは増大したと思います。ど素人の計画性に欠ける改造なので、完成度というか設計精度や工作の確度は低いですが、あまり無茶してグリグリ動かさなければ大丈夫かな、と。
 また、接続精度に欠けていたキット純正の股関節の姿勢保持能力と確度、要するに関節がスカスカになって、脚の姿勢やポージングが崩れたりするのを回避する事が可能となりました。
 例えばこの微妙(笑)なポーズの脚の角度も、キット純正の股関節パーツだとズルズル下がってきたりするんです。
 地味にこれが今回の改造・改修作業で一番やりたかった事なので、上手く行って嬉しかったです。今までの労苦が報われた瞬間、というやつですね。

 完成したキットの写真やポージングをしてみた写真など、もう少し記事は続きます。
 ご覧になりたいという奇特な方は、続きからご覧下さい。


画像
 正面からの写真です。
 うーん、なんか変ですね……前回のラストの写真みたいに、凜とした素立ちが出来ていないと言いますか……
 まあとりあえず、キット純正のまま組み立てた時と、プロポーションはほぼ変化していないという事だけ確認して頂けたらいいかと思います。
 後、白いラインなどのシールが剥がれやすい部位は塗装を施しています。思ったよりは綺麗に塗れたかな、と。

画像
 背面です。
 正面からに比べると、シールでの再現率が高いです。まあ幸い、バーニア部などはシールの定着能力が高いので、そのままでも問題ないと判断しました。
 ちなみに正面からでもそうなのですが、エッジの鋭角化などプロポーションのディティールアップに関する改造は一切行っていません。それだけの技量がないのも大きな一因ですが、個人的にあまりトゲトゲしていない方が好きなので。

画像
 素組み版と並べてみました。
 右が素組み、左が改修版ですが、こうして並べてみてもプロポーションには大した差違は無いですね(笑)
 素組み版の脚部が開き気味になっていますが、これは間接がズルズルと下がってきただけです。ミネルバ改の脚部、特に股関節部分は地味に自重を支えるのが苦手なんですよね……
 繰り返しになりますが、この辺の改善も改造・改修の大きな目的になっていました。

画像
 開脚も、差し替え無しでここまで開きます。
 流石にこの状態で自立する事はできませんが、ポージングが崩れたりもしません。

画像
 こんな感じのポージングも、差し替え無しで表現できます。
 ポージングによっては、股関節を開脚用パーツと標準パーツを別々に使わないといけない事も多々あるので、差し替え無しにポージングできるというのは思ったよりも便利でした。
 まあ、あんまり調子に乗って脚部をグリグリ動かしすぎると、腰部に接続しているHIPS関節のシャフトが抜けてしまう事もあるのですが……(笑)


 以下、適当にポージングなど。

画像


画像
 純正パーツでは苦手だった開脚の保持も楽々です。

画像


画像
 跳び蹴り!
 ……バーニアの装備配置的に、ミネルバ改で実際にやるかどうかは微妙ですが(笑)

画像


画像
 最後はビシッと。


 以上、改修版ミネルバ改でした。
 見た目的には非常に地味~な改造でしたが、予想以上に効果的な工作でした。
 姿勢やポージングの保持力も上がりましたし、脚部の表情付けの為に間接パーツを差し替えて具合を見やる必要もないので、キット的にも扱いやすくなりました。
 尤も工作が甘いのでしょう、あまり調子に乗ってグリグリ脚部を動かすと、脚がすっぽ抜ける事もあるのですが(笑)
 でも今回の工作においては、こういう事をすればこうなる、という勝手のような物は分かった気がします。
 勿論、全ての工作について把握した、等という訳ではないですが、改造・改修作業の大変さと楽しさは堪能できたと思います。
 また何か『こうしたい』という事があったなら、改造や改修工作をやってみようと思います。
 まだ素組みですら組んだ事が無いのですが、パンドラのスタビライザーの可動範囲アップの工作とか、やってみたいですねー。特に白パンドラ大好きなので。
 実際には、どんなキットでどんな改造をするかはまだ決めていませんが、何かしらで改造・改修作業を始めたなら、またブログに作業内容を掲載しようと思いますので、その時が来ましたら、また読んでやって頂けると幸いです。

 P.S.
 RGゼータガンダム、購入しました。只今リアリスティックデカールの相変わらずな細かさに引き気味です(微苦笑)
 全部貼る必要は無いにしても、大概な数ですね、これ。流石にフリーダムよりはマシかもですが……
 貼り損なった時用に、またパーツ請求でデカールを多めに取り寄せておこうかな、と思っている所であります。
スポンサーサイト

■コメント

■地味!地道! [michi]

雅人様

おはよ~ございますm(__)m
完成おめでと~ございます!その2ですね!!
腰を固定するアクションベースいいですね。
うちの子も普通のアクションベース使えないので展示ように購入してこようかと思います。
北斗の拳風の飛び蹴りかっこいいです!

ほんとに見た目どこ触ったかわからない地味な作業ですが、動かしたときに実感できますよね!
プラモデルはやはり地味な、地道な作業の積み重ねですね。

パンドラ行かれますか!私は今ガッツリRGに手を出してしまいました・・・
私もパンドラの改修はしてみたいのですが、あとになりそうです・・・

自作何になるのか楽しみにしております!

■michiさんへ [雅人]

 michiさん、コメントありがとうございます。
 そしてお祝い、ありがとうございます。

 ご存じかもですが、今回使ったスタンドは『アクションベース』シリーズではなく『魂Stage Act.4』のクリアです。
 パッケージひとつに付き1000円前後するので『高っ!』と思ってしまうかもですが、1パックに付きスタンドが3セット入っているので、コスト的にはアクションベースと大して変わりません。
 アームもフレキシブルに動きますし、今回使ったようなクリップも付いているので、アクションベースではできないアクションも出来ます。1パックあったら便利だと思いますよ。

 本当に弄ったのかと疑われそうな位、目立たない所の改造ですよね、腰部や股関節の改造って(笑)
 地道にコツコツ積み上げないと効果は無いどころか、まともに組み上がらない事すらありますが、最後までちゃんと仕上げれば、キットはちゃんと応えてくれますね。お陰で良い仕事が出来たと思います。

 私も現状、RGゼータを組むか、アキレスD9を組むか、赤パンドラを組むかで悩んでます(笑)
 白パンドラも既に一つ確保しているのですが、どうせならきっちり改造してバッチリ仕上げてあげたいので。
 私はmichiさんみたいに別のキットをいくつも並行して作業するのは厳しいので、何を組むかパチッと決めてガツッと組み上げてあげようと思います。

■雅人様へ [kou]

 お披露目して頂き、ありがとうございます。
 ミネルバ改は二個作っていたのですね。二個目を改造し、無改造のものと並べても違和感ないプロポーションを保ちながらも、可動に関しては驚異の動きを誇る作品で凄いです。
 差し替えれば様々なアクションでのポージングを行うことができますが、それって動かして遊ぶにはかなり面倒です。
 雅人さんの精密な改造によって、本当に凄いミネルバ改に仕上がっていますね。凄いです。改めて完成のお祝いを申し上げます。おめでとうございます。
 次回は何を作られるのでしょうか。楽しみにしていますよ。

 RGゼータを買われたのですね。
 確かにあの数のマーキングは大変です。しばらくすればスライドデカールが発売されると思いますので、そちらを購入するのも良いですよ。デカールは貼った後で微調整が利きますし、薄いので目立ちにくくて良いですよ。

■kouさんへ [雅人]

 kouさん、コメントありがとうございます。
 そしてお祝いの言葉も頂き、恐縮です。

 はい。ミネルバ改は二つ作っています。
 先に作っていた素組み版で『ここは何とかしたい!』と思ったのが改修版を作ったきっかけでしたので。
 素組み版を直接改造しなかったのは、改造する際にプロポーションなどのアタリを取りたかったのと、こうして改修版と並べたかったのが理由です(笑)
 ちなみに、ここのアタリを取ろうと決める時は大抵目分量なので、精密という事はないですよ。かなりの行き当たりばったりです(苦笑)リトライ不能な失敗をしなかっただけ上等、という感じですね…

 さて、本当に次は何にしましょう?(苦笑)私も現在決めかねてます。
 ただ、ヤスリ跡を確認したりする時に使うエアダスターをうっかり切らしてしまったので、本格的に組み始めるのは明日にしようかと思っています。
 とりあえず、アキレスD9のマントだけ、コピーして作っておこうかな、と。

 RG用のスライドマークってあるんですね。ああいうデカール類はMG用の物ばかりだと思っていました。
 マークセッターという物を使えば綺麗に貼れるそうなので、デカールが発売されたら一緒に買ってみようかと思います。
 ただリアリスティックデカールも、少し水に浸して粘着力を一時的に弱めれば上手く貼れるそうなので、そっちも試してみようかな、と。
http://bandai-hobby.net/site/comic_tsukurou.html
 ここに書いてある事をやってみようかと思ってます。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

雅人(みやひと)

Author:雅人(みやひと)
読書と小説やSS類の執筆、ホビーキットの製作撮影と刑事ドラマの鑑賞が趣味のオッサンです。
本館『雑記処 雅庵』では、自筆の一次/二次創作小説を掲載しています。

カテゴリーツリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。