FC2ブログ
ノキシジル

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■(ネタバレ有)『相棒Eleven』第11話を観ました。

 うかうかしてたら『科捜研の女』の新シリーズが今週始まり、『ダンボール戦機W』も再開。
 更に来週からは『ハンチョウ』の新シリーズも始まるという事で、そろそろ『相棒』の元日スペシャルの感想を書いておかないと追いつかなくなりそうなので、一気に書いてしまおうかと思います。
 スペシャルという事で長かった為、纏めるのが結構厄介だったんですよ、言い訳すると(笑)

 今更かも知れませんが、読んでみてやろうと思って頂ける方は、続きからお願いします。




 前回までの前後編が、私にとって気味の悪い話であった所為でしょうか。今話は結構面白かったです。
 特に、こういう時にはスポット参戦的扱いしかされない『トリオ・ザ・捜一』が良い仕事をしていて、驚きもしましたが嬉しかったりもしました。
 まあ捜一は前回の前後編でも良い仕事していましたし、随分と待遇が良くなってきた気がする今日この頃です。
 後、個々人によって感想は異なると思いますが……今回、話の都合上、若い女性や少女が前に出てくる機会が多かったのですが、女性の子役や若い役の方々、中々いい演技でしたね。特に瑠璃子さんや若い時の朋子さん役の女の子達。クライマックスの瑠璃子さんの鬼気迫る感の表情は良かったです。

 話的には、特定のキャラを魅せるのが上手い前田愛さん脚本と、ドロドロした陰謀劇がお好きな和泉監督、両方の良い所が活きた良い構成だったと思います。私はこういう話は好きですね。まあ『出店』とかがもう少し引っ込んでくれていたら尚良し、という感じでしたが。折角のノスタルジックな推理劇だったんですから、現代の俗物共のあれこれ無しでも描けた気がしましたので。
 勿論先述通り、これはこれで、と思っていますけどね。捜一が見事に俗物の手先をやっつけてくれましたから。『ざまあ見さらせ!』という感です(笑)
 しかし、カイト父は回を追うごとに俗物化していきますね~。今回など、あまりの俗物っぷりに軽く感心しそうになりました(苦笑)初回で登場した時は、もう少し粋な人物だと思っていたのですが……
 キャラと言えば、今回初登場の大石さん。彼女は今回きりなんでしょうか? 中々面白いキャラだったので、準レギュとして再登場して欲しいなと思うのですが、どうなんでしょう?(笑)
 そしてもう一つ。右京さんとカイトくん、随分カッチリ噛み合ってきましたね。中盤、大石さんを囮に使って(笑)茜さんを逃がす場面など、役割分担バッチリでしたし。良い感じに『相棒』という風になってきたなと思います。


 以下、小ネタなど。

●カイトくんの同期の大石さん。
 初登場時には、公私混同な米沢さんを怒鳴りつけるなど、しっかり者なのかと思いきや、実はドジっ子属性だったという美味しいキャラでした(笑)
 今回は負傷して途中退場と相成りましたが、中々の美人さんでしたし、面白いキャラだと思うので、再登場してくれないかな、と思います。

●特命係を荷物受け取り場所に指定する米沢さん。
 うん、理屈は分かるんですが、余所の職場に私物を送ったら駄目でしょう(笑)最近更に自由ですね、米沢さん。
 どうでもいいんですが、コンビニ受け取りとかみたいに24時間受け取りできる所に送ってもらったら良かったのでは、などと思ってしまいました。

●『泥棒の家』
 うーん、押しかけてきた人間が『泥棒』呼ばわりしていたから『泥棒だったんだ』と思ってしまうというのは、どうなんだろう? 純真と言いますか、単純と言いますか。
 まあどちらにしろ、影でこそこそというのは不健康ではありますが……

●芸が多彩な大小コンビ。
 右京さんの手配で来た大木・小松の二人でしたが、大工の装いが似合う事似合う事(笑)
 実際の作業も普通にこなしてましたし、中々に多芸ですね。
 ひょっとしたら変装とかで慣れてたりするんでしょうか。

●またしても黒幕なカイト父。
 なーんか怪しい連中が出てきたぞ? と思ったら……そいつらに指示を出していたのは、何とカイト父。
 またかお前は? と画面にツッコんでしまいました。
 小野田官房長も結構な陰謀家でしたが、わりと真っ当な事もしてましたからね。それと比較するとどうしても、後ろ暗い一方な人物に思えてしまいますね……

●怪しいなと思っていたら、やっぱり怪しかった遠野氏。
 『神隠しの話を集めているライター』という時点で大概怪しかったのですが、その後も事あるごとに怪しい挙措を取っていたので、絶対何かあると思っていましたが……分かり易いくらいの小物っぷりでしたね。
 しかも、自分以外の人間が暗躍していると分かり切っていたのに、ああも雑な行動に出るとは残念すぎでした。

●お手柄、捜一トリオ。
 『出店』の所為で危機に陥っていたカイトくんを助けに来た訳ではないですが、結果としてそうなりましたね。これ以上ないってタイミングでした。
 カイトくん、後で一課に桐箱メロン届けないと(笑)
 しかし……そういう役柄だから仕方ないとはいえ、『出店』の方々、『組織の為に秘密裏に働く俺、格好良い!』って感満載でしたね……初弾をロードしていない拳銃で威嚇してたとか、ツッコミどころ全開です。
 『組織の為』或いは『上司の為』『お国の為』、自身を滅して奉仕する事が問答無用で格好良い、みたいな風潮、そろそろ無くなりませんかね? いかなる時も独歩独立というのが格好良いとは言いませんが、組織の為とかお国の為とか、そういう精神で自身を武装して後先顧みないから、そういった連中が害毒になるのだと思うのですが……
 他者なり他国人の『個人』だけを見て、それがイコール全体であると思う、或いは思おうとする精神は、自身が組織なりといった所属なくして存在価値を見いだせない事の裏返しなのだと思います。

●『手元不如意』
 人を泥棒呼ばわりする割には、自身もホテルの宿泊代金を踏み倒していた旧華族のお歴々。格好悪い上に自身も同じ事しているという事に気づいていないというのは情けないですね……ぶっちゃけ、宿泊代金代わりに預けた財産を着服されていても文句は言えないような。


 次回予告、今回格好良かったイタミンが、何やら凹んでいました。捜査情報の漏洩がテーマなんですかね?
 できればseason8の『狙われた刑事』みたいな回になったらいいな、と思います。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

雅人(みやひと)

Author:雅人(みやひと)
読書と小説やSS類の執筆、ホビーキットの製作撮影と刑事ドラマの鑑賞が趣味のオッサンです。
本館『雑記処 雅庵』では、自筆の一次/二次創作小説を掲載しています。

カテゴリーツリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。