FC2ブログ
ノキシジル

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『ROBOT魂 SIDE-AS ブレイズ・レイヴン』動かしてみました。

 第一巻の発売日に小説を入手し損ねて以来、どうにも今イチご縁のない『フルメタル・パニック!アナザー』ですが、本編を手に入れる前に作中の主役機である『ブレイズ・レイヴン』をゲットしてみました。
 今度はうっかり出遅れたら本当に手に入らない可能性があったので、予約して手に入れました。まだ本編読んだ事無いのに(苦笑)
 本編を熟読しているヘヴィファンで、この子を手に入れられなかった方には申し訳ないです。まあそういう方は予約なさっていると思いますが……

画像

 ……うん。本編未読だから、劇中の設定や活躍、エピソードが分からなくて書く事がない(苦笑)
 ぶっちゃけ『格好良いから買った』という感じでしたからね……
 とりあえず、イラストやテストショットで抱いていた『スマートな機体』とは違い、意外とマッシブな造詣であった事を踏まえて、マッシブなイメージを醸し出せそうなポージングでワンショット撮ってみました。

 あまり枚数ありませんが、他の写真は続きから。


画像
 まずは前から。
 ……何と言いますか、申し訳ないです。
 なんだろう、このガッカリ感溢れる立ち姿は……折角のブレイズ・レイヴンの格好良いフォルムが台無しです(泣)
 よく撮り直そうと思わなかったなあ、過去の私。ダメダメなのにも程がある……
 それはさて置き、パッケージに書かれていましたが、両肩の日本鎧の様な『アジャイル・スラスタ』ですが、ここは後付け装備なんですね。ここは外したら外したで、それなりにフォルムとしては成立するなとは思っていたのですが。
 また、頭部のアンテナなのか単なるデザインなのかは分かりませんが、角部分が左右非対称の長さです。ここのお陰で、頭部も一風味のあるデザインになっている気がします。

画像
 背面。
 しまった。スタンド接続用のパーツ、外し忘れてる(苦笑)背中から生えている淡いグレーの部分がそれです。
 ここは交換式で、スタンドを使わないのならこれを外し、穴を塞ぐパーツを代わりにセットします。
 ただこのスタンド用のパーツ、結構緩くてモロッと外れます。お陰で何度冷や汗をかいたか(苦笑)
 スタンドの事はさて置き、背面からだと、プロポーションやディティールは特別スマートでもマッシブでもない感じですね。両肩のアジャイル・スラスタも、前面程にはボリュームを与えていない感が。

画像
 アジャイル・スラスタ。
 スラスターはそれぞれが独立して開閉し、このユニット自体もまた、かなり自由に可動します。
 かなり奇抜な角度にもセッティングできるので、様々なポージングに対応できるでしょう。

画像
 脚部の可動域も広いので、膝立ちも楽々。
 ただ、正面から真っ直ぐ脚を上げるのは結構苦手ですね。フロントスカートにあるスラスターが干渉しますので。こいつも上がってくれたら、更に可動域が広がったのですが……
 また、日本刀みたいな単分子カッターは、ハンドパーツを変更する事で両手持ちが可能です。ガッチリホールドできるので、ポロリの心配はまずありません。

画像
 単分子カッターの鞘は、腰のハードポイントへの接続の他に、接続パーツを使用する事で背中にも懸架する事が可能です。
 そして鞘保持専用のハンドパーツを使用する事で、手に持たせる事もできます。ただこちらの保持力は大した事はないので、ディスプレイ時にはポロリ対策をした方が良いでしょう。
 それと、鞘から刀身を途中まで引き出した状態でもディスプレイする事ができるのですが、鯉口で刀身を擦る事があるので、塗装が剥げる心配もした方が良いと思います。ぶっちゃけ、うちの子の刀身の塗装は少し剥げました(苦笑)
 ちなみに、ハンドパーツは『握り手』『平手』『単分子カッター保持用手』『鞘保持手』『銃器保持手』が、両手分付属しています。
 ブレイズ・レイヴンには銃器は付属していませんが、他のキットから流用してくる事ができますよ。


 以下、適当にポージングを。

画像
 スラスターを吹かせて、突進。

画像
 単分子カッター、構え。

画像
 チャージ!

画像
 最後はちょっと、見得を切る感じで。


 ロボ魂は一応、他にもASの機体を数機持っているのですが、流石主人公機というだけあって、見栄えのする格好良い機体でした。
 個人的にはアーバレストの方が好みではありますが、両肩に大鎧みたいなルックスのブースターが付いていたり、どう見ても日本刀な単分子カッターが主要武器だったりと、かなりケレン味の効いた機体で、これはこれで十二分に格好良いと思います。シャドウというプレバン専売のキットも、即行で予約してしまいました(笑)
 ただ、全体的に可動は良好なのですが、フロントスカートのスラスターが思ったより上がってくれなかった事と、膝の装甲が結構ポロリするのが難点ですね。膝の装甲は、いっそ接着してしまっても良いかも知れません。
 この辺のポロリを潰してしまえば、かなり遊びやすくなると思います。

 今回初めて『ROBOT魂』のキットを撮影してみたのですが、まだロボ魂の撮影に慣れていないと言いますか、ロボ魂の扱いに慣れていないので、あまり格好良いショットが撮れませんでした。まあ、それは別のキットでも似たような事が言える気がしますが……(苦笑)
 とりあえずは『こんな風にも動かせるのか』という参考に出もして頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

■コメント

■Re: 『ROBOT魂 SIDE-AS ブレイズ・レイヴン』動かしてみました。 [オシラ774]

フルメタのロボの魅力は小説読んでこそだと思うので、是非読みましょうよーw
巻末には設定資料集も付属しますしお得ですよー

■オシラ774さんへ [雅人]

 初めまして。コメントを残して頂き、ありがとうございます。

 いや、仰りたい事は分かるんですよ! 私も一応、旧作フルメタのファンですし!
 単に読んでないのは、近辺では一巻が見つからないだけでして…(苦笑)
 ブックカバーが付かないから、ネットでは買いたくないですし、取り寄せにも一月くらいかかるかも、とか言われましたし…
 まあお願いしましたけどね、取り寄せ。
 ブレイズ・レイヴン買った直後くらいだったので、そろそろ本屋を突きに行こうかなと思っています。

 しかし、読書マニアとしては不便ですね。近辺には品揃えの良い本屋も、大型店舗も無いというのは…
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

雅人(みやひと)

Author:雅人(みやひと)
読書と小説やSS類の執筆、ホビーキットの製作撮影と刑事ドラマの鑑賞が趣味のオッサンです。
本館『雑記処 雅庵』では、自筆の一次/二次創作小説を掲載しています。

カテゴリーツリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。