ノキシジル

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『ハイパーファンクション アキレス』作ってみました。(素組み+墨入れ+部分塗装仕上げ)

 さて、AX-00のプチレビューを上げた勢いで一気に行きます。
 次は『ハイパーファンクション』版・アキレスのプチレビューです。

画像

 主人公・山野バンの最初の愛機、アキレス。
 様々な人物の思惑が交差した結果、所在が転々としてバンの手元に渡るのが遅くなってしまったアーマーフレームですが、元々はAX-00に仕込まれた『プラチナカプセル』を護る為、山野博士が設計した物です。
 最新の照準回路や加熱に配慮したチップ構成など、巧妙かつ緻密に設計されたこのアーマーフレームは、タイニーオービット社長・宇崎悠介に『テクノロジーを超えた、一種のアート』と賞賛されました。
 基本装備がランスと楯という事で近接戦用のLBXと思われがちですが、センサーや照準回路も優秀な為、射撃も意外と得意で、劇中でもアサルトライフルやハンドガンを自在に操っています。

 キット的には、『コアスケルトンにアーマーフレームを取り付ける』という工程の都合もあると思いますが、旧キットと比べてマッシブなフォルムになり、アキレスランスも長大になって穂先も大型化して、メリハリの利いたデザインに。
 雑誌で見た時は『マッシブ過ぎないか?』と思っていたのですが、実際に組んでみるとそんな事はなく、本当に丁度いい具合のプロポーションでした。かなり格好良いですよ。
 ただ欲を言えば、武装がランスとシールドだけというのが物足りないかな、と思いました。既にカスタムウェポンとして発売されている『アサルトAR3』はまだしも、『オートマチックガン』が付いていたら、ポージング等のバリエーションが広がったのですが……
 いずれで良いので、オートマチックガンは何かしらの機会にカスタムウェポンにでもなって欲しいですね。折角素晴らしい完成度のアキレスが誕生したのですから。

 さて、簡単なレビューやポージングの写真も撮ってみました。
 ご覧になって頂ける方は、いつも通り続きからよろしくお願いします。



画像
 まずは正面。
 雑誌にあった余分なマッシブ感は成りを潜め、丁度良い感じの力強さがシャープさと両立しています。
 ちなみにアキレスの方も、目と胸のエンブレム、それと脚にあるネジみたいなパーツを『ガイアカラー』の『スターブライトゴールド』で塗装しています。元々そこは黄色の成形色パーツで色分けされているのですが、ワンポイントの引き締めの為、塗装しました。
 AX-00の時もそうでしたが、アキレスになってもパーツでの色分けは完璧に近いです。襟元の赤いラインまで成形色での色分けなんですよ。凄いです。
 ただ……肩と首もとの可動が若干窮屈です。あんまり雑に扱うと、胴部と干渉してショルダーアーマーや頭部がバラけてしまうので注意しましょう。

画像
 マントを着けた状態で、背面。
 旧キットでは、マントは首と胴で挟み込んでいましたが、ハイパーファンクションでは専用の接続用パーツを介して装着します。
 接続用パーツはマント用のアームにもなっていて、上下にスイングする他、本体と接続する部分が回転できるので、かなり自由にマントの表情付けが出来る様になりました。これは中々に凄い事ですよ。
 ちなみにマントにある飾りパーツですが、これでマントを接続用パーツに固定させています。ついでに言うならばこのパーツも、スターブライトゴールドで塗装しました。

画像
 マント無しで、背面。
 こうして見ると、結構複雑な意匠のアキレスも、意外とストイックな感じに思えますね。
 ちなみに胴部にある四角い黒い部分、その中央にマント接続用パーツをセットします。

画像
 アキレスの基本装備、『アキレスランス』と『アキレスシールド』。
 AX-00の記事でも書きましたが、地味に凝ったのが武器の塗装。特にアキレスランスの銀部分の発色には色々頭を悩ませました。
 悩んだ結果として、『ガイアカラー』の『スターブライトシルバー』と『スターブライトアイアン』を1:1の割合で調色した物で塗装しました。あまり光が当たっていない時の色と、光をしっかり当てた時の色の対比を作ってみたかったのですが、狙い通りの効果が出ているでしょうか?
 後はシールドの方も、黄色部分を『スターブライトゴールド』で塗装しています。地味に面が広くて、ムラを出さない様に塗装するのが結構大変でした(微苦笑)


 以下、適当にポージングなど。

画像
 ジャンプ! ……している風に見えますかね?(笑)

画像
 ズシャアッ! という感じで着地。

画像
 アタックファンクション・ライトニングランス!
 角度付きの手首があるので、ランスをしっかり前に向かって突き出せるのが良いですね。

画像
 アタックファンクション・超プラズマバースト!
 煽り気味に撮影すれば、超プラズマバーストも可能!
 これは地味に凄い事ですよ。旧キットではことごとく、無改造では困難だったポージングなので。

画像
 最後に、プラズマの塊に突っ込む寸前な感じで。


 以上、『ハイパーファンクション アキレス』でした。
 うーん、良く出来ています。本当に良く出来ています。私的に、キット本体には全く不満がありません。肩と首が若干窮屈なのも、動かす時にきっちり逃がしてやれば問題ないですし。
 不満があるとすれば、オプションでしょうか。これだけ良く出来ているのに、付属武器がランスとシールドだけというのは勿体ないな、と……
 Zモードみたいに色々武装が付属してきてくれていたら、もう満点だったんですが……流石に贅沢でしょうか(苦笑)
 アサルトライフルやブロードソードまでとは言わないので、せめてオートマチックガンだけでもあったらな、と思うので、三月に発売されるアキレス単体のキットには、そういった物も付属してくれないかなと期待したいです。
 いやまあ、多分無理だと思いますけどね(苦笑)
 さて、三月には他にも『ジ・エンペラー』が控えています。アキレスがこの素晴らしい完成度でしたからね。どれだけ凄いエンペラーが来るのか、思いっきり期待させて頂きます。
スポンサーサイト

■コメント

■早く作りたい・・・ [michi]

雅人様

AX-00に続きアキレス!完成おめでと~ございます。
いや~しかしアーマー付けてもよく動いていますね!
適当ではない見事なポージングいいですね~!
劇中のポーズが見事に再現されています。
アタックファンクション・超プラズマバースト!
が一番かっこいいかな!

私も早く作りたいのですが、D9で未だに散らかっている状態・・・
作業がんばらないと~!!

■michiさんへ [雅人]

 michiさん、コメントとお祝いの言葉ありがとうございます。

 AX-00やアキレスのアーマーフレームは差程関節部と干渉しないので、可動域は広いですね。
 ただレビューに書いた通り、アキレスの場合は肩と頭部が若干ながら干渉します。一見引っかかりそうに無いんですが、グリグリ動かそうとすると引っかかる一瞬があって、うっかりショルダーアーマーがバラけたりします。その辺はお気をつけ、という感じですね。

 ポージングも誉めて頂き、ありがとうございます。
 超プラズマバーストは、HFでやっときっちり決められるポーズだったので、気に入って頂けて嬉しいです。地味に一番撮影が難しいポージングでもあったので(笑)

 michiさんも、アキレスD9の制作頑張って下さい!
 完成した後のお披露目、楽しみにしています。

■雅人様へ [kou]

 HFアキレスの完成おめでとうございます。
 HFは予約してまで購入しただけに、私も早く作りたいですよ。でも、他にも色々作りたいものがあって、未だに作れていない状態です。なので、とても羨ましいです。
 アキレス格好良いですね。コアスケルトンにアーマーフレームを装着することから全体的にマッシブになっていますし、マントも表情が付けられるものになっていて凄いです。
 金色銀色パーツの塗装きれいです。メタリック系は成型色では表現しにくいだけに、ここを塗装されることでグッと格好よくなっていますし、きれいに仕上げられている雅人さんの制作がいかに丁寧なのかが分かりますよ。

 付属の武器については私も同意です。きっとオートマチックガンも付属してくれるハズだと思っていたので、そこだけはちょっと残念ではありますが、充分に満足できるプラモですね。

 ポージングでは、アタックファンクション・超プラズマバーストができることに感動。以前のアキレスでは確かにこれはできませんでした。アオリを決めて迫力も決まっていますね。格好良いです。

■kouさんへ [雅人]

 kouさん、コメントとお祝いの言葉、ありがとうございます。

 HFのアキレスは、プロポーションだけでなく青系の成形色も落ち着いた感じの深い赤紺になっていて、良い感じですよ。確かkouさんは旧キット版のアキレスも組まれていたと思うので、比べてみて下さい。
 それとご指摘の通り、マントが化繊とは言え布製な上に、アームで表情付けが出来るんですよ。これのお陰で、ポージングに動きを付加できる様になっていて非常に素晴らしいです。
 金と銀の塗装、特にランスの銀色は結構拘りました。それなりに上手く行っていたみたいで良かったです。

 やっぱりkouさんも、オートマチックガンは欲しかったですか。あれはカスタムウェポンでも出ていないので、付けて欲しかったオプションでした。
 とりあえず、コマンドハンドガンをそれっぽく塗装して、なんちゃってオートマチックガンを作ってみようかなと思っているのですが…
 まあ本体が非常に良くできているので、満足度は充分以上ではあるんですけどね。

 超プラズマバーストは、今まで出来るキットって意外と無かったんですよね。このHFでようやくパチッと決められる様になりました。煽り気味で観てみると軽く感動できるので、是非試してみて下さい。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

雅人(みやひと)

Author:雅人(みやひと)
読書と小説やSS類の執筆、ホビーキットの製作撮影と刑事ドラマの鑑賞が趣味のオッサンです。
本館『雑記処 雅庵』では、自筆の一次/二次創作小説を掲載しています。

カテゴリーツリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。